シマグワで健康に 町産加工品、8施設に寄贈 知名町

知名町の担当者(右)からシマグワ商品を受け取る特別養護老人ホームさくら園の坂井施設長=7日、同町

 【沖永良部総局】知名町は7日、「桑の日」(8日)にちなんで町産のシマグワ粉末スティック(2グラム)計600本を町内8福祉施設に贈った。

 

 同町はシマグワ生産と加工品製造に力を入れている。「桑の日」には毎年イベントを企画しているが、今年はコロナ禍で開催できず、加工品の寄贈に切り替えた。

 

 この日、町の担当者からシマグワ粉末を受け取った特別養護老人ホームさくら園の坂井一夫施設長は「大変ありがたい。クワは健康にいいと聞いているので、利用者、入所者にクワ茶で長生きしてもらいたい」と感謝していた。

 

 町農林課の吉田雄輝さんは「施設の利用者、スタッフの免疫力と、『シマグワ=健康』のイメージを高めてほしいという思い。9月いっぱいは関連商品をお得に買えるキャンペーンを予定しているので、この機会にシマグワに触れてほしい」と話した。

 

 「桑の日」はクワの栄養や効果、歴史を普及し、クワに感謝するため、福岡県でクワ商品を取り扱うお茶村社が申請し、制定された。