奄美市で新たに1人 県全体は11人 新型コロナ

 【鹿児島総局】県と鹿児島市は9日、新たに男女11人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。このうち1人は奄美市の80代女性で、医療機関に入院中という。奄美群島在住者の感染発表は6月27日以来。

 

 県によると、女性は無症状だったが、医師の判断で8日にPCR検査を行い、陽性が判明した。感染者との接触は確認されておらず、県は感染経路について調査している。

 

 県内ではこのほか、鹿児島市で10人の感染が確認された。

 

 また、県は同日、6月下旬以降に確認された感染者のうち、デルタ株の感染者が12人確認されたと発表した。男女別の内訳は男性9人、女性3人。年代、居住地は非公表。

 

 県内の感染者数は9日現在、累計で3727人。8日現在、29人が医療機関に入院し、23人が宿泊療養中。重症者は1人で、酸素投与が必要な中等症者は3人。