柏さん(名瀬)初の金賞 平均糖・酸度、前年上回る 奄美市パッション品評会

パッションフルーツ品評会で受賞した(右から)銀賞の金城さん、金賞の柏さん、銅賞の森永さん=8日、奄美市名瀬の県農業開発総合センター大島支場

 2021年度奄美市施設パッションフルーツ品評会が8日、奄美市名瀬の県農業開発総合センター大島支場であった。前年度より5点少ない13点(名瀬7、笠利5、住用1)の出品があり、名瀬の柏昭仁さん(56)が金賞を受賞した。銀賞は金城良洋さん(39)=名瀬、銅賞には森永幸二郎さん(39)=同=が選ばれた。本年度産は平均糖度、酸度ともに前年度産より高く、濃い味に仕上がった。

 

 品評会は、高品質生産による銘柄確立や栽培技術の向上などが目的。対象品種はルビースターで、規格が80~100㌘。糖度と酸度のほか、果実の着色や傷、玉ぞろいなど外観を審査した。糖度は平均17・1度(最高18・1度)、酸度は平均1・75%だった。

 

 主催者側によると、品質はおおむね例年通り。2月下旬から4月上旬の気温が高かったことなどから開花、収穫が1週間ほど早まった。 表彰式で審査委員長を務めた尾松直志県農業開発総合センター大島支場長は「発色が良く傷もない。丁寧な管理がうかがえる」と講評した。

 

 生産歴10年で初の金賞を獲得した柏さんは「継続が報われた思い。贈答用の果物でもあり、一つ一つ大切に育ててきた。販路は少しずつ全国に広がり、問い合わせも増えている。甘みと酸味のバランスが良い奄美の果実を1人でも多くの人に届けたい」と語った。

 

 奄美市農林水産課によると、市内のパッションフルーツ施設栽培は、20年度実績で栽培農家59戸(前年度比2戸増)、栽培面積7・2㌶(同1・3㌶増)、生産量87・7㌧(同12・9㌧増)。いずれも増加傾向にあるが、価格の安定化が課題となっている。

出品されたパッションフルーツの審査風景=8日、奄美市名瀬の県農業開発総合センター大島支場