永井、安田両氏の一騎打ち 新首長の座めぐり激戦火ぶた 奄美市長選

 任期満了に伴う奄美市長選は7日告示され、元県議の永井章義氏(64)、元市議の安田壮平氏(42)=届け出順=が立候補して7日間の戦いがスタートした。現職の勇退に伴い、2009年以来となる無所属新人同士による一騎打ち。両氏は新型コロナウイルス禍からの経済再生、世界自然遺産を活用した観光振興、子育て支援などの公約を掲げ、選挙カーで市内一円を駆け巡って支持を訴えた。8日から期日前投票が始まり、14日に投開票される。

 

永井 章義64 無所属新
 鹿児島県議5期(衆院議員秘書、自民党県連幹事長)創価大法学部卒。奄美市名瀬井根町

 永井氏は「経験と人脈を生かし、奄美市のさらなる発展に全力を傾ける」と強調。新型コロナなどの感染症に対応する緊急事態基金創設、観光プロデューサー制度導入、2歳児以下の保育料無償化などを公約に掲げる。

 

 元市長や元県議らが選対幹部に名を連ね、組織的な体制で票固めを進める。自民、公明系の市議12人から支持を受けた。

 

安田 壮平42 無所属新
 奄美市議3期、NPO法人事務局長(松下政経塾生)東京大法学部卒。奄美市名瀬小俣町

 安田氏は「明るく、優しく、風通しの良い奄美市を目指す」と訴え、事業者や生活者支援などの新型コロナ対策、観光・物産・情報を柱にした稼ぐ地域づくり、市内各所への「断らない福祉相談窓口」開設などに意欲を見せる。

 

 市民有志の世話人会を中心とした支援組織で幅広い支持層への浸透を狙う。県議が選対入りし、自民系などの市議5人が支持する。

 

 奄美市は06年3月の市町村合併から15年が経過し、状況は大きく様変わりした。新型コロナの影響で地元経済が急激に冷え込む一方、今夏の世界自然遺産登録で観光産業振興への期待も膨らむ。12年ぶりの交代となるかじ取り役の座をめぐり、激しい論戦が繰り広げられそうだ。

 

 期日前投票は8日から13日まで、名瀬・住用・笠利の3総合支所である。時間は午前8時半から午後8時まで(住用と笠利は午後6時まで)。

 

 投票は14日午前7時から午後6時まで、市内33カ所で行われ、同8時から名瀬小学校体育館で即日開票される。

 6日現在の選挙人名簿登録者数は3万5319人(男1万6773人、女1万8546人)。