町長選説明会に2陣営 伊仙町 10月12日告示、17日投開票

両陣営の関係者が出席した伊仙町長選の立候補予定者説明会=24日、同町役場

 任期満了に伴う伊仙町長選挙(10月12日告示、同17日投開票)の立候補予定者説明会が24日、町役場の選挙管理委員会会議室であった。立候補を表明している新人の伊喜功氏(67)=犬田布=と現職の大久保明氏(67)=伊仙(五十音順、いずれも無所属)の両陣営関係者が出席し、手続きなどの説明を受けた。

 

 町選管の嶺津太郎委員長は「公職選挙法を順守し、騒動のないきれいな選挙にするため協力をお願いしたい」とあいさつ。徳之島署と郵便局の各担当者から期間中の注意事項について説明があった。

 

 質疑応答では期日前投票で待機の列ができることについて「高齢者のためにクーラーの効いた待機所が用意できる会場に変更できないか」と要望が出たが、同委員会は「住民基本台帳システムなどの関係で会場変更はできない。国政選挙などが重なった前回より混雑は軽減すると考えている」と説明した。

 

 立候補の届け出は10月12日午前8時半から午後5時まで同会議室で受け付ける。投票は17日午前7時から午後6時まで町内8カ所であり、町中央公民館で即日開票される。

 同町の選挙人名簿登録者数(9月1日現在)は5280人(男2700人、女2580人)。