豊かな自然に理解を 世界遺産委前に特設展 奄美市役所

奄美市役所2階で始まった世界自然遺産特設展示=12日、同市名瀬

 奄美・沖縄の世界自然遺産の登録可否を審査する国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会を前に、奄美市プロジェクト推進課は12日、市役所2階市民行政情報コーナーで特設展示をスタートした。貴重な動植物や保全の取り組みなどを写真とパネルで紹介している。29日まで。

 

 写真24点は市立奄美博物館の平城達哉学芸員と環境省が提供。ルリカケスやアマミノクロウサギ、アマミスミレなど、生物多様性に富んだ生き物たちの姿を展示した。

 

 パネルでは奄美大島、徳之島、沖縄島北部、西表島の推薦地マップをはじめ、侵略的外来種対策や希少種の交通事故防止対策など保全の取り組みも紹介した。

 

 世界遺産委は16~31日にオンラインで開かれ、新規登録分は24~28日に審査が行われる見込み。審査日には市役所でパブリックビューイング(PV)を開催予定だが、新型コロナウイルス感染対策のため出席者を行政関係者らに絞って実施することになった。

 

 同課世界自然遺産推進室の常田健輔さんは「市民のPV参加は難しくなったが、展示を通して理解を深めてもらえたら」と話した。