CO2排出量実質ゼロへ 前町長が「ゼロカーボンシティ宣言」 和泊町

「和泊町ゼロカーボンシティ宣言」を行った前町長=7日、和泊町

和泊町の前登志朗町長は7日、2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出量実質ゼロを目指す「和泊町ゼロカーボンシティ宣言」を町長室で行った。沖永良部島では知名町の今井力夫町長が、同様に「知名町気候非常事態宣言」を行っており、和泊町の前町長は「知名町と連携し、島単位で国内の脱炭素先行地域を目指したい」と語った。

 

前町長は宣言で「温室効果ガスによる地球温暖化は、世界で取り組まれる喫緊の課題」と指摘。和泊町について「みどり豊かで素晴らしい青い海と国立公園も有する特異な美しい自然に取り囲まれている」とし、持続可能な社会を次世代に残すため「2050年までにCO2排出量実質ゼロを目指す」と述べた。

 

同町は今後、国や県、民間企業とも連携し、食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立を目指す取り組みや、再生可能エネルギーの普及促進などを進めていくという。