「一番桜」満開に 龍郷町秋名

  龍郷町秋名でヒカンザクラが早くも満開になり、鮮やかなピンク色の花が沿道を彩っている=写真。約210本の桜並木の中の1本で、「一番桜」を楽しもうと地域住民らが見物に訪れている。

 

奄美大島では例年、1月下旬ごろからヒカンザクラが満開になる。花が咲いているのは奄美市名瀬の芦花部トンネルから秋名方面へ進んだ県道沿いで、この木は毎年のように早咲きすることで知られる。

 

7日は時折日が差す好天に恵まれ、花の蜜を求めてメジロが飛び交っていた。母親と花見に訪れた同町龍郷の田畑歩さん(36)は「とてもきれい。コロナ禍でも気持ちが華やぎますね」と笑顔で話した。