「油井の豊年踊り」「諸鈍シバヤ」中止 新型コロナ影響、2年連続 瀬戸内町

2年前に披露された「諸鈍シバヤ」=2019年10月7日、瀬戸内町諸鈍の大屯神社

 9月21日と10月14日にそれぞれ予定されていた瀬戸内町油井の「油井の豊年踊り」と同町加計呂麻島諸鈍の「大屯神社祭・諸鈍シバヤ」は、9月8日までに中止が決まった。両集落とも感染症拡大防止対策のためとしており、新型コロナウイルスの影響で中止するのは2年連続。

 

 油井の豊年踊りは県の無形民俗文化財に指定され、毎年旧暦8月15日に披露される。油井集落の永井卓郎区長は「感染症のため仕方ないと住民も受け入れてはいるが、開催時の寄付金は集落運営の貴重な財源でもあり、かなりの痛手だ」と肩を落とした。

 

 諸鈍シバヤは国の重要無形文化財で、毎年旧暦9月9日に奉納される。諸鈍集落の徳元(とく・はじめ)区長は「全国から見物人が訪れる行事であり、感染対策は集落だけの問題ではないと理解している。なんとか来年は開催できることを祈りたい」と話した。