アカヒゲ子育て奮闘中  龍郷町芦徳

餌をくわえ、巣に戻ってきたアカヒゲの親鳥=13日、龍郷町芦徳

餌をくわえ、巣に戻ってきたアカヒゲの親鳥=13日、龍郷町芦徳

   国際自然保護連合(IUCN)から世界自然遺産登録の勧告を受けた奄美大島の龍郷町で、国の天然記念物のアカヒゲが子育てに奮闘中だ。同町芦徳の中原正栄(しょうえい)さん(69)の農業器具倉庫に巣を作り、2羽の親鳥がひなに餌を運ぶ様子が見られる。

 

 12日、周囲をアカヒゲが飛んでいるのに中原さんが気付き、観察していたところ、倉庫にある小さな段ボール箱の中で巣とひなを見つけた。

 

 ひなは確認できただけでも2羽。数分置きに親鳥が餌を運んでくると「チッチ、チッチ」と鳴いて、餌を求めていた。

 

 16日まで野鳥の保護を啓発する「愛鳥週間」。中原さんは「ルリカケスはよく見掛けるがアカヒゲは珍しく、倉庫に巣まで作っていて驚いた。巣立つまでは、できるだけ子育ての邪魔をしないよう気を付けたい」と話していた。

巣の中で親鳥の帰りを待つひな=13日、龍郷町芦徳

巣の中で親鳥の帰りを待つひな=13日、龍郷町芦徳