シマ桑の魅力知って 特産品と商店街応援キャンペーン 知名町

知名町産シマグワの魅力をPRしたキャンペーン=29日、知名町

 知名町の「シマ桑と特産品で主婦の応援キャンペーン」(町農林課主催)は29日、同町で土産や島野菜を販売する「主婦の店」で始まった。店頭で町産シマグワを使った菓子や飲み物を無料提供し、島民にその魅力をPRした。30日まで。

 

 コロナ禍で厳しい状況が続くシマグワをはじめとした町の特産品PRと商店街活性化を図ろうと初開催した。

 

 イベントの趣旨に賛同する和泊、知名両町の若者有志が運営スタッフとして協力。店頭で通行人に声を掛け、シマグワを使った「やちむち」「かき氷」「青汁」を試飲、試食してもらった。新型コロナウイルスや雨天対策としてドライブスルーでの提供もあった。

 

 イベントの企画、運営に携わった山田祐実さん(30)=和泊町=は「コロナで落ち込んでいる世の中に、このような小さなイベントでも元気を与えられる価値、存在意義があるということを伝えたい」、会場を提供した主婦の店の森照代店長(62)は「シマグワで健康になりながら、商店街活性化を含め島を盛り上げていきたい。皆さんが元気になっていけたら」と思いを話した。

 

 同イベントは今後も定期的に開催したい考えで、町農林課シマグワ担当の吉田雄輝さん(23)は「コロナの影響で島内での売り上げも落ち、島外へのPRにも行けない状況。まずは島民にシマグワを知ってもらい、SNS(会員制交流サイト)などでの島外発信の足掛かりになれば」と力を込めた。