チャレンジデーで運動楽しむ 和泊町

ヨガを体験するチャレンジデー参加者=27日、和泊町

 人口が同規模の自治体で住民の参加率を競うスポーツイベント「チャレンジデー2021」が27日、全国各地で行われた。奄美群島では和泊町(6427人)が岩手県軽米町(8770人)、北海道湧別町(8467人)と対戦した。和泊町は住民3206人がラジオ体操やゴルフ、ヨガ教室などで運動を楽しみ、参加率は49・9%で3町のうちトップとなった。

 

 チャレンジデーは、笹川スポーツ財団が主催。15分以上継続して運動した住民の人数を競う。

 

 18回目の参加となった和泊町では、住民が集落ごとの早朝ラジオ体操やウオーキングなどそれぞれのペースで体を動かし、勝利を目指した。ゴルフ教室やヨガ教室などの関連イベントもあった。

 

 午後7時から町柔剣道場で開催したヨガ教室には老若男女29人が参加。柔軟性を高める運動で心身をリフレッシュしていた。

 

 ヨガ教室に参加した堀田美登理さんは「和泊町の勝利に貢献したいという思いで参加した。大人数でヨガを体験するのは初めてで楽しかった」と笑顔で話した。

 

 和泊町チャレンジデー実行委員会事務局の町教育委員会は「新型コロナウイルスの影響で外出が減り、運動不足になっている町民もいる。町民の体力向上と健康増進を図るいい機会になった。来年以降も参加を続けていきたい」と述べた。

 

 対戦自治体の参加率は軽米町46・1%、湧別町31・4%だった。