公共57施設の閉鎖、30日まで延長 龍郷町

新型コロナの感染者確認を受け、公共施設閉鎖期間の延長などを決めた龍郷町新型コロナウイルス感染症対策本部の会合=25日、町役場

 龍郷町新型コロナウイルス感染症対策本部会議(本部長・竹田泰典町長)は25日、町役場で会合を開いた。23、24の両日に町内で3人の新型コロナウイルス感染者が発生したことを受け、27日までとしていた町内57の公共施設の閉鎖期間を30日まで延長することを確認。町公民館講座や高齢者サロン活動について、同日まで中止する方針も申し合わせた。

 

 今回感染が確認された3人は町内では14~16例目。13例目が確認された5月22日以降、約1カ月ぶりに感染が確認された。感染したのは90歳以上と60代、10歳未満の女性で、いずれも医療機関に入院している。

 

 公共施設の閉鎖期間延長は、一部で感染経路が不明なこともあり、今後新たな感染者が発生する可能性に備えた措置。町内20集落の集会施設やりゅうゆう館などを閉鎖する。10歳未満が通う町立学校1校は24、25の両日、臨時休校とした。26日には消毒作業を行い、28日から通常通り再開を予定している。

 

 公共施設の閉鎖や町内での感染者確認に伴い、感染防止対策の観点から町公民館講座や高齢者自主サロン活動の「どぅくさ会」などの活動も30日まで中止する。

 

 町側は町民に対し、町ホームページや防災行政無線を通じて、3密の回避やマスク着用、消毒の徹底など、基本的な感染防止対策の継続を呼び掛けている。