和泊町で新たに2人 県内新型コロナ

    県と鹿児島市は11日、新たに52人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。奄美在住者は和泊町の60代男性2人で、奄美市と知名町の接待を伴う飲食店から広がったクラスター(感染者集団)関連の感染は確認されなかった。

 

 和泊町の男性2人は、いずれも5日に陽性が確認された同町の50代女性の濃厚接触者。1人は医療機関に入院し、もう1人は宿泊療養中。

 

 11日までに陽性が判明した奄美在住の感染者のうち、同日は沖永良部島から1人が県本土に搬送された。

 

 県内の感染者総数は11日現在、2649人。10日現在、199人が医療機関に入院し、185人が宿泊療養、38人が自宅待機中。重症者は1人で、酸素投与が必要な中等症者は40人。

 

 県が4段階で設定した警戒基準は11日現在、「ステージ3」(感染者急増)だが、ステージ判断の目安となる主な指標7項目のうち、10日現在、最大確保病床占有率(52・6%)と、人口10万人当たりの療養者数(26・3人)の2項目が「ステージ4」(感染者爆発的拡大)の水準に達している。