変異株、県内で209人 龍郷町で新たに1人感染 新型コロナ

県と鹿児島市は14日、新たに46人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。うち1人は龍郷町の60代男性。他に奄美在住の感染者の発表はなかった。県は同日、これまでに陽性が確認された県内の感染者のうち、209人が新たに変異株の陽性と診断されたことを公表した。

 

 新たな変異株陽性者は、7日から13日までの間に県環境保健センターで実施したスクリーニング検査で判明。今後、国立感染症研究所でゲノム解析による詳細な検査を行い、変異株の種などを確定する。

 

 また、これまでに発表された変異株の陽性者14人について、同感染症研究所での検査などの結果、英国型変異株であることが確定した。

 

 スクリーニングによる県内の変異株陽性者は合計331人で、ゲノム解析による確定数は53人。

 

 14日に感染が発表された龍郷町の男性は4日に発熱や倦怠感などを発症。12日に検査を受け、感染が判明した。現在、医療機関に入院している。感染者との接触歴は確認されていない。県は濃厚接触者として親族8人を把握しており、14日夕現在、検査中という。

 

 県内では同日、県の鹿児島地域振興局に勤務する60代の男性職員の感染も判明。県によると、男性は2日以降、県民との接触はなく、現在、医療機関に入院中。これまでに勤務先の消毒作業を行った。

 

 県内の感染者総数は14日現在、2808人。13日現在、226人が医療機関に入院し、216人が宿泊療養、37人が自宅待機中。重症者は3人で、酸素投与が必要な中等症者は56人。