大学生ら20人、軽石除去 与論島 関東などから奉仕活動

皆田海岸の軽石を除去するボランティア参加者ら=16日、与論町(日本財団ボランティアサポートセンター提供写真)

小笠原諸島の海底火山噴火で発生した軽石が大量に流れ着いてる与論島で16日、日本財団ボランティアサポートセンター主催の軽石除去ボランティアが始まった。関東や東北地方などの大学生や社会人ら20人が参加。16日は午前9時から午後3時ごろまで与論町の皆田海岸の軽石除去に汗を流し、景観美化に一役買った。

 

同センターが10月に開設したボランティア情報プラットフォームサイト「ぼ活!」の登録者らを対象に実施する社会奉仕活動の一環。参加者の東京発着の旅費などは同センターが助成した。

 

一行は15日に、与論島入り。16日から18日まで軽石除去活動を行い、19日に同島を出発する計画。

 

17日は、午前は皆田海岸、午後は茶花海岸で作業し、2日間で軽石を1㌧袋で35袋分回収した。18日は茶花海岸での作業を続ける。

 

同センターによると、参加者からは「軽石のことが気になっていたので参加できて良かった」「ごみがあったら、今後も拾おうと思った」といった感想があった。担当者は「これからもたくさんの人にボランティアって楽しいと思ってもらえるような機会を提供していきたい」と話した。

 

同センターによる軽石除去ボランティアは、19日から4泊5日の日程で2組目の活動が企画されていて、約28人が参加する予定。