大島高校野球部が受賞 あましん地域貢献賞 スポーツ関連団体として初

あましん地域貢献賞を受け取った大島高校野球部の塗木監督と西田捕手(前列)=27日、奄美市名瀬

奄美大島信用金庫(本店・奄美市名瀬)は27日、第17回あましん地域貢献賞の授賞式を本店5階会議室で行った。大島高校野球部が受賞。伊東寛久理事長は「奄美の歴史に新たな1ページを刻む快挙を成し遂げてくれた。これからの活躍を期待しています」と選手らの功績を称えた。

 

同賞は2004年にスタート。社会福祉活動、地域活性化活動、文化・スポーツ活動などを通して地域に貢献した個人や団体を毎年表彰している。

 

大島高校野球部は今年の秋季大会で躍進し、来年春のセンバツ甲子園出場を確実にした。選手らの活躍が群島民や出身者らに多くの感動を与え、奄美の認知度向上にも貢献したとして評価された。スポーツ関連団体の受賞は初めて。

 

授賞式で塗木哲哉監督は「生徒たちが一生懸命やっていることを認めていただきありがたい。これから地域のさらなる声援に十分に応えられるよう頑張りたい」とあいさつした。

捕手の西田心太朗さん(17)は「限られた練習時間の中で弱点を克服し、全国でも通用する野球をしたい。甲子園ではベスト8以上を目指す」とセンバツ出場に向けた意気込みも語った。