奄美での感染はゼロ 新型コロナ

    県と鹿児島市は27日、新たに26人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。奄美在住の感染者は確認されなかった。奄美在住者の感染ゼロは3日ぶり。県は同日、日置市の飲食店で5月下旬にあった会食で県内38例目の新たなクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。

 

 新たなクラスター関連の感染者は、27日までに感染が確認された10代から50代までの男女12人。会食には30人が参加しており、県によると他の18人はこれまでに陰性が確認されているという。

 

 県は、会食の参加者以外の店舗利用者や店舗の従業員に感染者がおらず、店舗内の感染対策も取られていたとして、飲食店ではなく会食によるクラスターと判断した。会食の内容などは公表していない。

 

 県内の感染者総数は27日現在、3229人。26日現在、201人が医療機関に入院し、129人が宿泊療養、4人が自宅待機中。重症者は2人で、酸素投与が必要な中等症者は49人となっている。