奄美で新たに16人感染 県内新型コロナ

 県と鹿児島市は27日、県内で新たに148人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。奄美群島在住者は5市町の男女16人。このうち5人は徳之島町の徳之島徳州会病院で発生したクラスター(感染者集団)関連で、2人は鹿児島市内の学校でのサークル活動から広がった県内58例目のクラスター関連。また同日は霧島市の飲食店で新たなクラスター発生が発表され、県内のクラスターは累計で60例となった。

 

 奄美群島在住の感染者の内訳は▽伊仙町6人(10代~90歳以上の男性5人、女性1人)▽奄美市5人(10代~50代の男性4人、女性1人)▽徳之島町2人(40代男性と50代女性)▽天城町2人(10代と80代男性)▽龍郷町1人(20代男性)。

 

 うち伊仙町の男性4人と女性1人は徳之島徳洲会病院でのクラスター関連で、このクラスター関連の感染者は累計67人となった。

 

 鹿児島市内の学校でのサークル活動のクラスター関連の感染者は奄美市の40代男性と10代男性。県は2人とサークル活動との関係性については明らかにしていない。

 

 27日に感染が発表された奄美在住者16人のうち4人の感染経路は不明。

 

 県が同日発表した霧島市の飲食店のクラスター関連の感染者は10代から40代までの男女8人。来店客の名簿が作成されており、不特定多数への感染の恐れがないとして店名は非公表とした。

 

 また、県は同日、県立姶良病院に勤務する嘱託職員の70代男性の感染を発表。26日までの1週間に行った変異株のスクリーニング検査について、466例のデルタ株陽性を確認したと公表した。

 

 県内の感染者数は27日現在、7693人。26日現在、416人が医療機関に入院し、307人が宿泊療養、1396人が自宅待機中。重症者は5人で酸素投与が必要な中等症者は93人。