奄美は3日連続感染ゼロ 霧島市で二つのクラスター 新型コロナ

 県と鹿児島市は29日、新たに29人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。奄美在住の感染者の発表はなかった。奄美群島の感染者ゼロは3日連続。県は同日、霧島市で二つのクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。

 

 県によると、新たなクラスターは霧島市の児童施設と高齢者施設で発生。県は、県内39例目と40例目のクラスターと判断した。

 

 関連の感染者はいずれも29日までに感染が確認された男女。児童施設は10歳未満から50代までの6人で、内訳は児童1人と職員5人。高齢者施設は60代から90歳以上までの12人で、内訳は利用者7人と職員5人。

 

 県は、いずれの施設も利用者や職員が特定され、不特定多数への感染拡大の恐れはないとして施設名を公表していない。

 

 県内の感染者数は29日現在、累計で3285人。28日現在、174人が医療機関に入院、118人が宿泊療養中。10人が自宅待機中となっている。