奄美市で新たに1人 新型コロナ

 県と鹿児島市は10日、新たに11人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。このうち1人は奄美市の10代男性で、県によると症状や濃厚接触者の有無など詳細は調査中。他に奄美在住の感染者の発表はなかった。

 

 県は同日、新型コロナウイルスの感染者1人が9日に死亡したと発表した。年代や性別、死因の公表については遺族の意向を確認して判断するとしている。

 

 また、県は10日、東京事務所に勤務する30代の男性職員の感染を明らかにした。濃厚接触者はいないという。

 

 県内の感染者数は10日現在、累計で3546人。9日現在、145人が医療機関に入院し、71人が宿泊療養、6人が自宅待機中。重症者は2人で、酸素投与が必要な中等症者は37人。