奄美市で1人確認 新型コロナ

  県と鹿児島市は5日、新たに47人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。うち奄美群島在住は奄美市の40代男性1人。県は同日、出水市の医療機関で県内43例目の新たなクラスター(感染者集団)が発生したと明らかにした。県内で1日当たりの感染者発表が40人を超えたのは5月21日以来、15日ぶり。

 

 奄美市の40代男性は、5月26~28日に薩摩川内市で開かれた県高校総合体育大会(高校総体)の男子バドミントン競技の会場で発生した県内42例目のクラスター関連。男性の行動歴、濃厚接触者などについては調査中という。

 

 県内43例目のクラスターが発生したのは出水市の出水総合医療センターで、感染者の内訳は入院患者20人、職員1人。

 

 県内の感染者数は5日現在、累計で3482人。4日現在、130人が医療機関に入院し、112人が宿泊療養、7人が自宅待機中。重症者は3人で、酸素投与が必要な中等症者は29人となっている。