奄美酒類が長寿者へ「祝酒」贈呈 徳之島の100歳59人へ

島内の長寿者へ贈呈する焼酎を手にする中村代表取締役(左)=17日、徳之島町亀津

 敬老の日に合わせ徳之島の100歳以上の長寿者に毎年、黒糖焼酎を贈っている奄美酒類(本社・徳之島町)は、今年も17日から同社の商品「祝酒」の発送を始めた。郵送で発送し、20日までには対象者へ届く予定。

 

 地域の発展を支えた高齢者への恩返しとして20年以上続く恒例行事。今年100歳を迎える島民も含め、対象者は徳之島町26人、天城町19人、伊仙町14人。自宅や入所している施設宛てに、純金箔(きんぱく)入りの黒糖焼酎「祝酒」(30度、1・8㍑)を贈る。

 

 同社の中村功代表取締役(52)は「コロナ禍で祝い事も少なくなり、寂しい思いをしている長寿の方も多いと思う。せめて家庭や施設の中ででも楽しんでほしい」と話し、「長寿の島だけあって対象者も年々増加している。今後も贈呈を続けていきたい」と語った。