奄美5市町で17人感染確認 県内全体は新たに240人

 県と鹿児島市は25日、県内で新たに240人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。県内で200人以上の感染が確認されたのは21日以来で、奄美群島在住者は5市町の男女17人。このうち5人は徳之島町の徳之島徳州会病院で発生したクラスター(感染者集団)関連で、1人は同町の飲食店から広がったクラスター関連。また同日は鹿児島市と薩摩川内市で新たなクラスター発生が発表され、県内のクラスターは累計で59例となった。

 

 奄美群島在住の感染者の内訳は▽奄美市8人(10~60代の男女各4人)▽天城町4人(40~80代の男性1人、女性3人)▽徳之島町3人(50~90歳以上の男性2人、女性1人)▽瀬戸内町1人(10歳未満女性)▽伊仙町1人(50代女性)。

 

 うち徳之島町2人、天城町2人、伊仙町1人は徳之島徳洲会病院でのクラスター関連。このクラスター関連の感染者は累計61人。徳之島町の1人は同町の飲食店でのクラスター関連。このクラスター関連の感染者は累計43人となった。

 

 25日に感染が発表された奄美在住者17人のうち4人は感染者との接触歴などが確認されておらず、感染経路不明。同日は離島からの搬送はなかった。

 

 鹿児島市発表のクラスターは学校のサークル活動から広がっており、関連の感染者は25日までに発表された27人。また、県発表の薩摩川内市のクラスターは児童施設で発生し、男女12人の感染が確認された。

 

 8月以降に県内で確認されたクラスターは13件に上り、県くらし保健福祉部は、県民に対し不要不急の外出自粛を重ねて求めた。

 

 県内の感染者数は25日現在、7353人。24日現在、397人が医療機関に入院し、280人が宿泊療養、1216人が自宅待機中。重症者は4人で酸素投与が必要な中等症者は92人。