奄美5市町で27人感染、新型コロナ 奄美中央病院でクラスター発生

 県と鹿児島市は29日、県内で新たに128人の新型コロナウイルス感染者を確認したと発表した。奄美群島在住者は5市町の男女27人。このうちの11人と、28日に感染が発表された1人の計12人は奄美市にある医療機関の医療従事者と入院患者。県は同医療機関から県内62例目のクラスター(感染者集団)が発生したと判断した。奄美で発生したクラスターは10例目で、医療機関での発生は2例目。

 

 新たなクラスターについては奄美市名瀬の奄美中央病院が複数の感染者の発生を公表しており、県も同病院でのクラスター発生を認めた。

 

 同病院で発生したクラスター関連の感染者は職員3人と入院患者9人。いずれも奄美市在住で、年代内訳は80代の男性2人と女性2人、70代男性2人、20代、30代、40代、50代、90歳以上の男性と60代女性各1人。

 

 感染者は病院内の複数の病棟で確認されており、数人はワクチンを2度接種済み。病院内では職員のマスク着用や手指の消毒、換気の徹底などは行われていたが、入院患者のマスク着用が不十分だったという。

 

 県によると、このクラスター関連の検査数は29日夕現在、約150件。今後さらに約230件の検査を予定している。

 

 同病院のクラスター関連を含めて29日に確認された奄美群島の感染者の内訳は▽奄美市14人(10歳未満~90歳以上の男性11人、女性3人)▽龍郷町4人(20~40代の男性3人、女性1人)▽喜界町3人(10歳未満~50代の男性2人、女性1人)▽徳之島町3人(10歳未満~50代の男性2人、女性1人)▽伊仙町3人(10~60代の女性3人)。感染経路不明者はいない。

 

 徳之島町の徳洲会病院から広がった県内54例目のクラスター関連の感染者も新たに4人確認された。内訳は伊仙町の3人と徳之島町の1人で、このクラスター関連の感染者は累計73人となった。

 

 県によると、新たなクラスター関連を含め、奄美から県本土への搬送は、同日は行われなかった。

 

 県内の感染者数は29日現在、7978人。28日現在、389人が医療機関に入院し、387人が宿泊療養中、1018人が自宅待機中。重症者は5人で、酸素投与が必要な中等症者は93人。