奄美6市町で新たに19人 新型コロナ 県全体で192人感染

 県と鹿児島市は26日、県内で新たに192人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。奄美群島在住者は6市町の男女19人。このうち3人については、感染者との接触歴などが確認されておらず感染経路が分かっていない。県内での100人以上の新規感染者確認は今月11日以降、16日連続となった。

 

 奄美群島在住の感染者の内訳は▽奄美市7人(10~60代の男性4人、女性3人)▽伊仙町6人(10歳未満~80代の男女各3人)▽徳之島町2人(80代と50代の女性各1人)▽瀬戸内町2人(10歳未満と50代女性各1人)▽喜界町1人(40代女性)▽天城町1人(70代男性)。

 

 このうち、天城町の70代男性は徳之島徳洲会病院での発生が確認されたクラスター(感染者集団)関連。このクラスター関連の感染者の累計は62人となった。

 奄美群島で26日に感染が発表された19人中、同日夕現在5人が医療機関に入院し、2人が宿泊療養中、12人が自宅待機中となっている。県によると、同日は徳之島から1人の感染者が県本土へ搬送された。

 

 県内の感染者は26日現在、累計で7545人。25日現在、395人が医療機関に入院し、269人が宿泊療養中、1356人が自宅待機中。重症者は4人で酸素投与が必要な中等症者は91人。