敬老祝い金を支給  龍郷町

竹田町長から敬老祝い金とマスクを受け取る高齢者=6日、龍郷町秋名

 龍郷町は6日、高齢者への敬老祝い金支給を開始した。竹田泰典町長や町担当職員が支給対象で在宅する90歳以上の高齢者宅を訪れて敬老祝い金を手渡し、健康長寿を祈願した。

 

 町敬老祝金支給条例に基づき、80~85歳未満5000円、85~90歳未満1万円、90~95歳未満1万5000円、95~100歳未満2万円、100歳以上10万円を支給している。町内に1年以上居住している80歳以上の高齢者が対象で、今年は738人。このうち町内の各種施設へ入所している150人は3日に支給した。

 

 6日は秋名集落を皮切りに、荒波地区を中心とする10集落の高齢者宅を訪問。竹田町長は「これからも元気で長生きしてください」などと声を掛け、敬老祝い金と新型コロナウイルスの感染予防としてマスクを手渡した。

 

 敬老祝い金を受け取った成海悦子さん(93)=同町秋名=は「祝い金を頂きありがたい。足腰は痛いが、毎日自分で炊事して生活できているので、病気することなく長生きしたい」と話した。

 

 残る10集落の高齢者には、7日に支給を行う。