施設入所者などにワクチン接種 徳之島

施設入所者らの新型コロナウイルスワクチン接種=11日、徳之島町の宮上病院

施設入所者らの新型コロナウイルスワクチン接種=11日、徳之島町の宮上病院

 徳之島で高齢者施設入所者などを対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種が始まっている。徳之島町亀津の宮上病院では、11日から接種を開始。初日は対象者40人が同院を訪れ1回目の接種を終えた。一般の高齢者向け集団ワクチン接種は、伊仙町が既に8日から開始しており、徳之島町と天城町では17日から始まる。

 

 宮上病院では、一般の高齢者に先駆け同院関連の施設入所者やデイサービス利用者、訪問介護利用者、同院入院患者など約200人がワクチン接種を受ける。今後、同院では1日40人ペースで計5日間接種を行い、今月中に対象者全員の1回目の接種を済ませる。7月中には2回目の接種も終える予定。

 

 同院の担当者によると、11日午後2時現在でワクチン接種に伴う深刻な副反応などは発生していないという。同担当者は「今のところ大きな問題は起きていないが、医療従事者対象の接種では2回目の接種で発熱や痛みなどの副反応が見られた。今後も注意を怠らずに接種を進めたい」と話した。