町制施行60周年記念 みやまふれあいコンサート 天城町

力強い歌声を披露する城さん(左)、鷲尾さん(右)と警戒にピアノを演奏する石野さん(中央)=19日、天城町防災センター

    【徳之島総局】天城町の町制施行60周年を記念した「第42回霧島国際音楽祭みやまふれあいコンサートinあまぎ」(同町教育委員会、みやまコンセール主催)が19日夜、町防災センターであった。ピアニストの石野真穂さんの演奏に合わせ、オペラ歌手の鷲尾麻衣さんと城宏憲さんが力強い歌声を披露し、観衆を魅了した。

 

 コンサートは2部構成。第1部はジュゼッペ・ヴェルディのオペラ『椿姫』の冒頭のシーン「乾杯の歌」でスタートした。NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」のメインテーマ「Stand Alone」や滝廉太郎作曲の「荒城の月」など聞き覚えのある曲も披露した。

 

 第2部はオペラの楽曲が中心。鷲尾さんの高く透き通るような歌声と、城さんの重厚感ある声量、石野さんの軽快な演奏が絡み合い、会場からは大きな拍手が送られた。

 

 母親と来場した北中1年の廣田文さん(12)は「6年間ピアノを習っているが、石野さんの演奏の迫力がすごかった。鷲尾さんと城さんの歌声もきれいだった」と話した。

 

 同町では今後、町制施行60周年記念事業として、10月30日に記念式典・祝賀会、11月21日の大島地区生涯学習推進大会・広域文化祭などを予定している。