知名の西さん、林さんへ感謝状 救護やドクヘリ運航に貢献

感謝状を贈られた西さん(前列左から4人目)と林さん(同3人目)=9日、沖永良部消防署

 沖永良部与論地区広域事務組合(管理者・今井力夫知名町長)は「救急の日」の9日、住民の救急救護活動を行った知名町正名の西ヘレンさん(55)と、長年ドクターヘリの安全運航に貢献している同町徳時の林正隆さん(65)に感謝状を贈った。

 

 西さんは今年3月、知名町で発生した農業用機械事故で、負傷した60代男性に応急処置を行った。現場での適切な止血がなければ、男性はショック状態に陥り、命の危険があったという。

 

 林さんは2013年11月からフローラルパーク嘱託員としての業務の傍ら、ドクターヘリの要請時に同施設利用者を安全な場所に誘導し、駐車車両の移動を促すなど、ドクターヘリの安全運航に寄与した。同月から21年7月までのドクターヘリの同施設離発着は284件。

 

 この日、池田哲勇消防長から感謝状を受け取った西さんは「現場ではどきどきしたが、他に誰も助けてあげる人がいなかったので行動した」、林さんは「284件も離発着があったことに驚いている」と自身の活動を振り返った。

 

 池田消防長は「林さんはグラウンド・ゴルフなど多くのパーク利用者を誘導するのは大変だったと思う。西さんは勇気ある行動で住民の一命を取り留めた。われわれは救命講習をしているが、住民が一つでも覚え、有事の時に勇気を持って処置をしていただければありがたい」と話した。