第43回奄美民謡大賞中止 新型コロナで2年連続

南海日日新聞社などは7日、5月に本選審査を予定していた第43回奄美民謡大賞の中止を決めた。新型コロナウイルス感染拡大防止のためで、開催中止は2年連続。

 

奄美民謡大賞は島唄の伝承や唄者の発掘などを目的に、奄美市教育委員会との共催で毎年開催している。第43回大会は昨年11~12月に出場者を募り、全国から4部門に計210人(少年48人、青年42人、壮年41人、高年79人)の応募があった。

 

予選会は8日の徳之島を皮切りに、奄美大島や関西、関東など6地域で予定していたが、全国的なコロナの感染拡大を受けて開催は困難と判断した。