若さと熱意が躍動 徳高祭2年ぶりのステージ 徳之島町

観客を沸かせた劇中のダンスパート=19日、徳之島町文化会館

 【徳之島総局】県立徳之島高校(玉利博文校長、生徒248人)の文化祭「徳高祭」が18~19日、徳之島町文化会館(亀津)であった。初日は弁論大会や、物品バザーがあり、2日目は舞台上で演劇、映像作品などを披露。若さと熱意がステージ上で躍動した。

 

 昨年は新型コロナウイルスの影響で、舞台発表はあらかじめ録画した映像を各教室で鑑賞するなどの対応を取った。今年は舞台発表が復活したものの、密集を避けるために保護者らは18日のリハーサルを観覧。本番の19日のステージは学校関係者のみが観覧した。

 

 弁論大会では各学年代表の、豊小華さん(1年)、平一愛さん(2年)、鮫島峻河さん(3年)の発表があったほか、展示部門では美術部、写真部、図書委員会の研究発表や作品展示があり、書道同好会は巨大な書道パフォーマンスで2日目のステージのオープニングを飾った。

 

 ステージでは16プログラムがあり、生徒や教諭らが個性を生かした演技で会場を沸かせた。2年生の関花波さんは「やっぱり生のステージを見るほうが断然楽しい。先輩たちのダンスや劇は面白くお手本になった。来年は私たちが一丸となったステージを見せたい」と感想を述べた。

 

 徳高祭の実行委員長を務めた幸田冬乃さん(3年)は「牛を育てている関係で部活をしなかった私にとって高校最後の大舞台。それだけ準備には気合を入れた」と話し、「感染対策に気を使いながらの準備は大変だったが、皆の協力のおかげで思い出に残るいい文化祭ができた」と笑顔を見せた。