鹿児島市に中間治療施設 抗体カクテル療法を実施

抗体カクテル療法を行う中間治療施設の治療室=10日、鹿児島市

 県は10日、新型コロナウイルス対策の一環で、医療機関と宿泊療養施設の中間的な役割を果たす中間治療施設を鹿児島市に開設した。同市内のホテルを借り上げて設置。重症化リスクが高い感染者などを対象に、点滴で薬剤を投与する抗体カクテル療法を行う。県内での中間治療施設の設置は初めて。

 

 基礎疾患がある50歳以上の軽症感染者でワクチン未接種の人に対し、早期治療を行うことで重症化による入院リスクを低減し、医療機関の病床逼迫を未然に防ぐのが目的。基本的には、陽性が判明した対象者に保健所が治療の意思を確認し、希望者を受け入れて治療を行う。

 

 施設内には治療を受ける感染者の宿泊室52室を確保しているほか、ホテルの会議室を治療室として活用してベッド10床を確保している。宿泊室を担当する看護師と県の担当者が常駐し、日中は保健師も待機。鹿児島市内の医療機関4施設の医師が24時間体制で往診し、中和抗体薬を投与する抗体カクテル療法を行う。患者の容体によっては酸素投与を行う場合もあるという。

 

 県によると10日午後には数人が治療を受けるため入所した。県保健医療福祉課の松藤啓介課長は「抗体カクテル療法を通じて重症化する患者が1人でも少なくなるようしっかり運営したい」と話した。