33施設に図鑑250冊寄贈 徳之島虹の会

贈呈式で図鑑を手渡す徳之島虹の会の政理事長(右)=26日、徳之島町亀津

 徳之島で自然保護活動などに取り組む「徳之島虹の会」(政武文理事長)は26日、島内の保育園、小中学校、高校など33施設に同会監修の図鑑「いのちつながる徳之島改訂版」計250冊を寄贈した。政理事長は「丸ごと徳之島を網羅した一冊。2学期からの学習で役立ててほしい」と笑顔を見せた。

 

 同書は2014年に初版を発行。日々島内を巡る同会会員らが撮りためた写真がカラーでふんだんに掲載されており、徳之島の野生動植物や文化、歴史などを紹介している。改訂版では天城町の水中鍾乳洞「ウンブキ」や下原洞穴遺跡、伊仙町の小原海岸などを加えた。

 

 26日、徳之島町生涯学習センターで贈呈式があり、政理事長が同町贈呈分の105冊を手渡した。町教育委員会学校教育課の尚康典課長は「写真が多く、見るだけでも楽しい図鑑。世界自然遺産登録を機に島のことをもっと知りたいと思っている子どもも多い。徳之島の魅力を学び、島に誇りを持ってもらいたい」と感謝を述べた。

 

 同書はA5判、フルカラー、200㌻で価格は1800円(税別)。島内の空港やホテルなどでも購入できる。同書についての問い合わせは電話0997(86)3575同会まで。