キャンピングカーが人気 来島者にレンタル事業好調 コロナ禍、3密避け自然満喫 龍郷町

人気が高まっているキャンピングカーのレンタルを手掛ける碇山さん=10日、龍郷町

 「移動」と「宿泊」を兼ねたキャンピングカーでの観光が、奄美大島で人気だ。車両のレンタルを手掛けるのは龍郷町赤尾木の「わいてぃ~奄美」(碇山裕志郎代表)。新型コロナウイルスの影響で街中を避けたいという心理や、奄美・沖縄の世界自然遺産登録を追い風に、特に大島南部での滞在に利用されているという。碇山さん(58)は「奄美の豊かな自然をより身近に感じることができる。地元の人にもぜひ体験してもらいたい」と話した。

 

 キャンピングカーは乗車定員6人。後部座席が居住スペースになっており、運転席上部のスペースと合わせて最大で大人4人、または大人2人と12歳以下の子ども3人が宿泊可能。発電機と充電式バッテリーを備え、家庭用エアコンや冷蔵庫、テレビ、電子レンジ、ドライヤーなども使用できる。

 

 利用客は関東・関西からの来島者が大半で、緊急事態宣言でキャンセルが出たものの7、8月は8割ほど予約が入った。1組の利用期間は1~2泊か1週間程度で、宇検村や瀬戸内町の海辺を訪れるために利用する人が多いという。

 

 碇山さんは大学卒業後に国内外のダイビングショップなどで働いた後、32歳で神奈川県から龍郷町へUターン。ホテル勤務を経て、奄美マングースバスターズや観光ガイドとして活躍した。

 

 2018年に大病を患い声を失ったことをきっかけに本格的に観光業での独立を目指し、20年、若いころからの夢だったキャンピングカーのレンタル事業を立ち上げた。奄美群島認定エコツアーガイドでもあり、電気式人工咽頭(人工声帯)を活用しながら野生生物の観察ナイトツアーや観光ツアーなども展開している。

 

 「奄美に住んでいても、地元にどんな生き物がいて、どんな風景があるのかを知らない人が多い。まず知ることが保全の第一歩」と話す碇山さん。「さまざまな場所を訪れ、時間を気にせず現地に滞在できるキャンピングカーで、自然への理解がより深まっていけば」と期待した。

 レンタルは1泊16500円~19800円(ハイシーズンは20%割り増し)。問い合わせ・予約は電話070(2393)0638碇山さん。

ミニキッチンや家庭用クーラーなどを備えた車内=10日、龍郷町