マコモ収穫シーズン 龍郷町秋名・幾里

マコモの出荷作業に追われる農家ら=20日、龍郷町

 秋の味覚「マコモ」の収穫シーズンを迎え、龍郷町の秋名・幾里地区マコモ生産組合は24日午前8時から、秋名コミュニティーセンター近くの水田で「直売会」を開催する。1袋(800㌘)1000円で売り切れるまで販売する。

 

 マコモはイネ科の多年草で、茎に黒穂菌が入ると根元部分が肥大し新芽(マコモダケ)になる。秋名・幾里地区で栽培しているのは「一点紅」という品種で、黒穂菌の黒斑点模様が表に現れにくいのが特徴。葉や茎は、お茶やしめ縄にも使われている。

 

 秋名・幾里地区の生産組合は、マコモの生産を推進し、休耕田の活用と地域おこしにつなげようと、昨年発足。生産者らは「甘みと食感が特徴で、煮ても焼いても生でもおいしいマコモを味わってほしい」と多数の来場を呼び掛けている。

 

 直売会に関する問い合わせは電話090(4998)7012窪田さん。