台風でマンゴー出荷できず 徳之島

定期船の欠航で出荷できず冷蔵庫に保管されている贈答用マンゴーと作山組合長=23日、天城町天城

 奄美地方への台風6号接近に伴い、鹿児島県本土と奄美群島、沖縄県を結ぶ定期船の欠航が続いている。今月上旬からマンゴーの出荷が始まった徳之島では18日を最後に定期船の出入港がなく、島外向けの贈答用商品の出荷が滞っている。月末にかけ収穫のピークを迎えるため、生産者は一日も早い出荷の再開を心待ちにしている。

 

 島内最大のマンゴー生産地、天城町の生産農家で組織する町熱帯果樹生産組合(作山和久組合長、組合員32人)は今年、例年より約10日早い今月7日に出発式を実施。今期は質、量に恵まれ、同組合の収穫分だけで26㌧を見込んでいるという。

 

 マンゴーの出荷は台風の影響で19日からストップ。同日から組合員が箱詰めしたマンゴーを同町天城の組合事務所などの冷蔵庫(保冷庫)に搬入し、23日までに約420㌔が保管されている。

 

 作山組合長は「これから収穫ピークを迎えるため、一日当たりの収穫量は連日増えている。各生産農家が保存しているのは組合で保管している分より多く、今回の出荷停止で約1㌧はロスになるだろう。果実が傷んで贈答用として販売できないケースも予想され、売り上げの低下が懸念される」と分析する。

 

 また、出荷は8月中旬まで続くことから「この時期は台風が多く発生する。出荷が終わるまで定期船が欠航しないよう、台風が接近しないでほしい」と話した。

 

 船舶各社によると、下り便は24日の鹿児島│沖縄、上り便は26日の沖縄│鹿児島まで欠航が決まっている。