喜界、延長サヨナラ勝ち 種子島との打撃戦制す 県高校野球

【種子島―喜界】延長11回1死二、三塁から喜界の富田がサヨナラ適時打を放つ=8日、鹿児島市の鴨池市民球場

 第103回全国高校野球選手権鹿児島大会第6日は8日、鹿児島市の平和リース、鴨池市民両球場で1回戦残り4試合があり、喜界が延長十一回の末に種子島を下し2回戦進出を決めた。大会第7日は9日、両球場で2回戦6試合があり、奄美出身選手が所属する神村学園―志布志の対戦もある。