国体相撲会場、サンドームに変更 23年鹿児島開催

国体相撲競技の新会場に決まった名瀬運動公園サンドーム=10日、奄美市名瀬

 2023年に鹿児島県で開かれる特別国民体育大会について、県実行委員会は10日、実施競技の日程が決まったと発表した。奄美関係は正式・公開合わせて3競技を予定。このうち相撲競技は新型コロナウイルス対策強化のため、会場が名瀬運動公園サンドーム(多目的屋内練習場)へ変更された。日本スポーツ協会が同日開いた国体委員会で決定した。

 

 鹿児島国体は新型コロナの影響で20年開催を断念、これまでの協議で23年10月7~17日に特別国体として実施されることが決まっている。

 

 奄美関係の日程は、正式競技の相撲(奄美市)が10月13~15日、トライアスロン(天城町)が8日に開催する。公開競技のパワーリフティング(知名町)は9月22~24日に行われる。

 

 このうち、相撲会場は奄美市住用町の奄美体験交流館を予定していたが、コロナ対策の観点から十分なスペースが確保できないと判断。複数のスポーツ施設があり、敷地の広い名瀬運動公園に変更することを決めた。市スポーツ推進課国体推進室によると、陸上競技場なども活用して選手の控え場所を設置するという。

 

 朝山毅市長は「日本相撲連盟の指導や関係機関との協議を踏まえて会場が変更となった。今後も大会に向けて態勢をしっかり整えていく」とコメントした。