大島、堂々の準優勝 九州高校野球 「よくやった」「次は甲子園で活躍を」

準優勝を飾り、閉会式でダイヤモンドを堂々と行進する大島=12日、鹿児島市の平和リース球場

 【鹿児島総局】第149回九州地区高校野球大会は12日、鹿児島市の平和リース球場で決勝があった。大島(鹿児島1位)は九州国際大付属(福岡1位)に6―12で敗れたものの、過去最高となる堂々の準優勝。応援席はこの日も大応援団が埋め、「よくやった」「次は甲子園で活躍を」と選手たちをたたえた。

 

 大島は序盤から相手強力打線に大量リードを許す苦しい展開となった。三回に武田涼雅の適時打で1点を返し、反撃を試みたが、その後は好機を生かせず八回まで無得点。迎えた最終回、代打2人がつなぐと、八回から出場の美島永宝がレフトスタンドへ3点本塁打を放ち、さらに西田心太朗の安打などで2点を返す粘りを見せた。

 

 今大会、大島は1回戦で大分舞鶴(大分2位)を再試合の末に下し8強入り。準々決勝は甲子園で優勝経験のある興南(沖縄1位)に完封勝ちし、さらに準決勝の有田工業(佐賀2位)戦は逆転で勝利を収め、初の決勝に臨んだ。

 

 チームを引っ張った主将の武田は「楽しくプレーするのが自分たちのモットー。最後は試合を楽しめた。今大会は雨やナイターでの試合ができ、いい経験にもなった。気持ちの面で一人一人が成長したと感じる」と話し、「ここからは自分たちを追い込んでいくしかない。しっかり体をつくって春に臨みたい」と表情を引き締めた。

 

 大島は、来春の選抜高校野球(通称・センバツ、阪神甲子園球場で2022年3月開催)の出場校選考の重要資料となるこの大会で結果を残し、センバツの九州代表枠「4」入りが確実視されている。来年1月の選考会で、14年の「21世紀枠」に続く、2回目のセンバツ出場が決まる。