大島、川内下し4強 九州高校野球野球県予選 11日に樟南と準決勝

【川内│大島】大島は4回、大野の犠飛で有馬が生還し13点目=9日、鹿児島市の平和リース球場

 【鹿児島総局】第149回九州地区高校野球大会鹿児島県予選(県高校野球連盟主催)は9日、鹿児島市の平和リース球場で準々決勝2試合があった。大島は13―0で川内に快勝、樟南も10―0で鹿児島を下し、4強が出そろった。11日は同球場で準決勝2試合があり、大島は初の決勝進出を懸けて樟南と対戦する。

 ◇準々決勝(平和リース)

川内

    00000─0

    2524×─13

大島

    (五回コールド)

(川)猪之鼻、髙原―有村

(大)大野―西田

▽三塁打 有馬(大)▽二塁打 前山(大)

川17206110014

 打安点振球犠盗併失残

大188931112015

 【評】大島は初回、1死満塁から中の適時打で2点を先取。二回には制球に苦しむ相手投手を攻め、前山の二塁打などで5点を加え川内を突き放した。三回にも2点を追加すると、四回には1死満塁から有馬がセンターオーバーの三塁打を放ち、続く大野の犠飛で有馬も生還。五回の守りも3人で抑えてコールド勝ちした。

 【その他の試合】▽準々決勝 樟南10―0(五回コールド)鹿児島

 【11日の準決勝】

10時 鹿児島城西―国分中央

12時半 樟南―大島