大島、延長戦で樟南破る  3回目の九州大会 九州高校野球県予選

 【鹿児島総局】第149回九州地区高校野球大会鹿児島県予選(県高校野球連盟主催)は11日、鹿児島市の平和リース球場で準決勝2試合があり、大島は延長十三回タイブレークの末、4―3のサヨナラで樟南を振り切って、初の決勝進出と12季ぶり3回目の九州大会出場を決めた。第1試合は鹿児島城西が国分中央に逆転サヨナラ勝ちした。12日は3位決定戦があり、鹿児島城西―大島の決勝は13日、同球場で午前10時から行われる。

 ◇準決勝

樟南

1000001000001─3

0000000200002X─4

大島

(樟)永吉、尾形、濵田―森

(大)大野―西田

▽二塁打 町北(樟)

樟4672134312613

 打安点振球犠盗併失残

大447336310214

 

 【評】2点を追う大島は八回、1死二塁から武田の適時打で1点、続く西田の犠飛で追いついた。延長戦でも決着はつかずタイブレークにもつれ込んだ十三回、樟南に勝ち越しの1点を与えたが、大島はその裏、中の内野ゴロで武田が生還し同点。申告敬遠で1死満塁の好機を迎え、途中出場した青木への押し出し死球でサヨナラ勝ちした。

 

 【その他の試合】▽準決勝 鹿児島城西8―7国分中央

 

 【今後の日程】▽12日12時半 国分中央―樟南(3位決定戦)▽13日10時 鹿児島城西―大島(決勝)