大島、雨で仕切り直し 高校野球 きょう、順延4試合

ノーゲームが決まり、グラウンドに一礼する大島ナイン=10日、鹿児島市の鴨池市民球場

 第103回全国高校野球選手権鹿児島大会第8日は10日、鹿児島市の平和リース、鴨池市民両球場で2回戦6試合を予定していたが、大島の試合を含む4試合が雨天順延となった。大会第9日は11日、両球場で順延となった4試合のみを行い、以降は13日までの試合が1日ずつ繰り下がる。

 

 午前11時40分ごろ始まった鹿児島南―大島の試合は、急などしゃ降りに遭い五回表で中断。雨は止まず、約2時間半後の午後3時にノーゲームとなった。大島は2ー1でリードしていた。

 

 大島の塗木哲哉監督は「個人的には練習も試合もできていないので、ノーゲームの試合であっても4イニング稼げたことがすごくありがたい。切り替えてやっていきたい」と前向きに語った。

 

 ▽2回戦 樟南7―0(七回コールド)鹿屋、薩南工業3―1池田

 【きょうの試合】

 ○…平和リース…○

10時 鹿児島城西―鹿児島工業

12時半 曽於―鹿屋農業

 ○…鴨池市民…○

10時 鹿児島南―大島

12時半 鹿児島情報―頴娃