大島が県初制覇 九州高校野球の鹿児島予選

延長13回の接戦を制し、県大会初優勝に沸く大島の選手たち=13日、鹿児島市の平和リース球場

    第149回九州地区高校野球大会鹿児島県予選(県高校野球連盟主催)は13日、鹿児島市の平和リース球場で決勝があり、大島と鹿児島城西が対戦した。大島は延長十三回、タイブレークの末、5-4で鹿児島城西にサヨナラ勝ちして初優勝を飾った。離島勢の県大会制覇も初めて。

 

 三塁側のスタンドは、島ならではの応援で大島の奮闘を後押し。詰め掛けた保護者やOB、大島のファンらが鹿児島城西の全校応援に負けじとチヂン(太鼓)を打ち鳴らし、会場を盛り上げた。

 

 両校は、来春の選抜大会への出場権を懸け、11月6~12日に鹿児島市で行われる九州大会に出場する。