大島快進撃、初の決勝へ センバツ出場「当確」 九州高校野球

2回途中からマウンドに上がり、有田工業打線を1点に抑えた主将の武田。8回を守り切りガッツポーズ=11日、鹿児島市の平和リース球場

 第149回九州地区高校野球大会は11日、鹿児島市の平和リース球場で準決勝があり、大島(鹿児島1位)が有田工業(佐賀2位)を11―7で下し、初の決勝進出を決めた。来春の選抜高校野球(通称・センバツ、阪神甲子園球場で3月開催)の出場校を決める重要な参考大会での2強入り。センバツの九州代表枠は「4」で、大島は「21世紀枠」で挑んだ2014年に続き、2回目のセンバツ出場が決定的となった。大島は12日、決勝で九州国際大付属(福岡1位)と対戦する。

 

 大島は序盤、有田工業に5点のリードを許すが、四回以降毎回得点で点差を詰め、六回には5安打を集中し大量得点を奪って逆転に成功。八回にも2点を追加して勝負を決めた。

 

 準々決勝までの3試合を計467球で完投したエース大野稼頭央は、1週間500球の球数制限を考慮し準決勝は登板しなかったが、二回途中からマウンドに上がった主将の武田涼雅が相手打線を1点に抑える好投を見せ、バックも好守で援護した。

 

 時折強い雨が降り、試合が途中で中断する悪天候の中、この日もスタンドには保護者をはじめ、県本土在住の奄美出身者らが多数詰め掛け、熱い応援で大島ナインを後押しした。