文田健一郎選手の健闘たたえる 天城町・特設観戦会場

試合終了後、文田選手の健闘をたたえる(前列左から)森田弘光町長、文田隆三さん=2日、天城町役場

 文田健一郎選手の祖父の出身地である天城町では、役場1階ホールに設営した観戦会場に親戚や町関係者など約50人が詰め掛けた。劣勢のまま迎えた試合終了の瞬間、会場は短いため息に包まれたものの、すぐに「よく頑張った」の声と健闘をたたえる拍手に変わった。

 

 文田選手の祖父、文田景造さん(故人)は同町兼久出身。その縁で文田選手の父の敏郎さん(59)は、2019年8月に自身が監督を務める韮崎工業(山梨県)レスリング部の合宿を天城町で実施し、町も特産品贈呈で合宿を応援するなど交流を重ねていた。

 

 町は1日にも文田選手の試合のために観戦会場を設営。その時は約20人が観戦したが、2日の決勝では観客も倍増した。親戚一同は応援のために手作りの横断幕を持参。東京や福岡に住む親戚へ天城町での応援の様子を動画配信して伝えるなど感動の瞬間を共有しようと備えていた。

 

 金メダルの期待から一転の結末に、景造さんのいとこ文田隆三さん(76)=同町兼久=は「万歳で終われなかったのは残念だがこれが勝負の世界。仕方ない」と悔しさをにじませながらも「(敏郎さんに)天城町でこれだけたくさんの応援があったことを伝える。また皆で文田選手を応援したい」と笑顔を見せた。

 

 終始祈るように観戦していた敏郎さんのふたいとこ福本利恵子さん(64)は「敗れはしたが文田選手のおかげで一族のつながりを再確認できた。88歳になる母親もとても喜んでいた。立派な活躍だった」と涙をにじませながら文田選手への感謝を述べた。