目指せ! 再び甲子園 九州大会出場、大島高野球部に支援を OBが動く

大島高校野球部への寄付を呼び掛ける団体役員=19日、南海日日新聞社

 県立大島高校(奄美市名瀬)の同窓会「安陵会」など4団体は、第149回九州地区高校野球大会(11月6~12日、鹿児島市)に鹿児島県第1代表として出場、2014年の春以来の甲子園を目指す同校野球部への寄付金を募っている。11月6日まで。

 

 九州大会の遠征費は部員(2年生18人、1年生14人、マネージャー5人)と指導者を合わせて約360万円。同部は県予選(9月25日~10月13日、鹿児島市)でも20日間にわたる長期遠征費を自己負担で賄っているため、「少しでも助けになれば」とOBらが動いた。

 

 19日、安陵会の丸田卯禮男会長、同校野球部OBでつくる安陵球児会の前里佐喜二郎会長、同校PTAの永元和幸会長、同校野球部保護者会の前山宗之副会長が南海日日新聞社を訪問した。

 

 「九州大会で4強に入れば春の選抜出場も見えてくる。今回、県予選で優勝して、多くの島民の皆さんから『感動した』『涙を流した』『うれしかった』と言葉をいただいた。子どもたちに、今度は私たち大人が何かしてあげたい。ぜひご協力をお願いします」と広く支援を呼び掛けた。

 

 寄付金は野球部保護者か団体関係者に連絡、または金融機関に振り込む。

 振込先は▽奄美大島信用金庫あさひ支店、普通預金1246531、大島高校野球部保護者会会計 大野なつき▽鹿児島銀行大島支店、普通預金12248、安陵会会長 丸田卯禮男

 

 電話090(5487)1603安陵会事務局次長の花井恒三さん。