Nankainichinichi shimbun.com (since 2001.11.15)   
   ■ニュース ■バックナンバー ■レジャー ■奄美の四季   行事・後援申請書  extra news
「島から甲子園」
5月下旬発売!
      
   【道路通行規制情報】奄美大島 ●喜界島 ●徳之島 ●沖永良部島 ●与論島  (県庁HP)
4月18日更新
(毎週金or土曜更新)

 トップニュース
「政治とカネ」最大の争点に
  −衆院鹿児島2区補選、6氏が立候補
トピックス
  医療法人「徳洲会」グループによる公職選挙法違反事件を受けた徳田毅氏の議員辞職に伴う衆院鹿児島2区補欠選挙は15日告示され、過去最多となる6人が立候補した。同補選の発端となった「政治とカネ」の問題が最大の争点となるほか、消費税増税後では初の国政選挙となり、増税による暮らしへの影響に対する有権者の評価も注目される。第2次安倍晋三内閣の政権運営の在り方や九州電力川内原発1、2号機の再稼働問題、環太平洋連携協定(TPP)、集団的自衛権行使問題も論点となりそうだ。選挙戦は公明党が推薦する自民党新人と民主党、日本維新の会、結いの党、生活の党の野党4党が推す無所属元職の争いを軸に展開するとみられ、27日に投開票される。
 立候補したのは届け出順に、政治団体・新党ひとりひとり新人で介護福祉士の有川美子氏(42)、共産党新人で元奄美市議の三島照氏(72)、自民党新人で元県議会議長の金子万寿夫氏(67)、無所属新人で移動販売業の碩利昭氏(46)、政治団体・幸福実現党新人で宗教法人職員の松澤力氏(32)、無所属元職で元民主党県連代表の打越明司氏(56)。
 午前8時半から鹿児島市の県庁で立候補を届け出た後、三島、金子、松澤、打越の4氏陣営は鹿児島市の谷山地区で出陣式。与野党幹部らが駆け付け、応援マイクを握った。有川氏陣営は瀬戸内町の与路島で、碩氏陣営は南九州市頴娃町でそれぞれ第一声を上げ、12日間の選挙戦がスタートした。
 自民党は安倍首相の経済対策「アベノミクス」の効果を前面に掲げ、消費税増税などへの反発をかわしたい考えだ。19日には首相自らが奄美大島など選挙区入りする方向で調整している。石破茂幹事長は出陣式で「全国に景気回復の実感が及ぶには、地方のことを分かっている人が選ばれなければならない」と力説。増税については「安定財源を確保するためだ。先送りしてはならない」と理解を求めた。
 打越氏を推薦する野党4党は、議員辞職した徳田氏が2012年の衆院選で自民党公認で当選したことから、「政治とカネ」の問題を徹底追及する姿勢を打ち出し、支持拡大を狙う。民主党の海江田万里代表は「アベノミクスで暮らしは良くなったか。国民生活を脅かすような事態にブレーキをかける選挙だ」と強調。金権政治打破も唱え、打越氏への支援を呼び掛けた。
 共産党は集団的自衛権行使を可能とする憲法解釈の変更方針など安倍首相の政権運営を批判し、「自共対決」姿勢を鮮明にする戦略だ。赤嶺政賢衆院議員は「安倍内閣の暴走にストップをかける選挙になる。国民の生活を守りたい」と訴えた。
 有川氏は「川内原発の再稼働を絶対阻止する。市民目線の政治を目指す」、松澤氏は「川内原発の早期再稼働と島しょ防衛力の強化を」、碩氏は「極力カネの掛からない選挙にする。循環型社会を実現したい」とそれぞれ訴えている。
 14日現在の選挙人名簿登録者数は27万8643人。
(写真:出陣式で「頑張ろう」三唱し、気勢を上げる支持者ら=15日、鹿児島市)
ブリーチも披露
  −名瀬港沖にザトウクジラ母子

12日午後、奄美市名瀬港沖にザトウクジラの母子が現れた。体長は子が約6b、母はその倍ほど。子クジラは母に付き添われて周辺を元気に遊泳し、水面から勢いよく宙へ飛び出して回転しながら背中から海中に落ちるブリーチも披露した。
 奄美クジラ・イルカ協会によると、奄美大島周辺海域では現在、ザトウクジラの繁殖期終盤。子クジラは母乳を受け、青い海ですくすく育っている。同協会の興克樹会長は「クジラが安心して子育てできる豊かな海をみんなで守っていこう」と話している。

 「それ、ユガです」「店長のあたまマングリですね」。三十数年前に上京した小生がアルバイト先で発した言葉。当時、18歳▼「斜め」とか、「髪がくるくるになってます」と話せばよかったのだが、突発的に口からでていた。厨房ではキャベツの千切りで爪を切り「アガッ!」と大きな声。なぜか東京の標準語になじめないのか、無垢だったのか、シマユムタ丸出しの元気な若者だった▼「ワンは私で、イングリッシュで言えばI。ワンにキャがつくと私たちで、英語ではWE。すごいでしょう」。初めて連れられていったサウナで店長の背中を流しながら話していた▼いつしかバイト先では「ワンちゃん」と呼ばれ、小生が「自分のことをワンというのであって、『私(ワン)ちゃん』と呼ばれているようで、おかしい」と説明したが、そのお店を辞めるまでこの呼び名は続いた▼当時、お世話になっていた長野出身の店長は今ではお店のオーナー。上京する際には必ず立ち寄る青春スポット。18歳の小生が内地の人に初めてシマの言葉を教えた人であった。今でもタンカンと野沢菜の物々交換は続いている。(す)
■そのほかのニュース  ■バックナンバー 

21世紀の奄美の島々を結ぶ郷土紙 南海日日新聞社
本土と郷土の懸け橋 月刊奄美    

日本新聞協会加盟社・日本ABC協会加盟社

〒894-8601 鹿児島県奄美市名瀬長浜町10番3号
電話(代表・総務局)0997-53-2121
編集局直通番号0997-53-2127
営業局直通番号0997-53-2126
販売局直通番号0997-53-2125
FAX 0997-52-2354(総務)、0997-53-6636(編集)
   0997-53-6431(営業)、0997-53-1475(販売)


東京支社〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目15-8時事通信ビル1305号 TEL03-5565-3631 FAX 5565-3633
鹿児島総局〒890-0056 鹿児島市下荒田4丁目46-23小牧ビル1F TEL(報道)099-285-1257 FAX 285-1733
    (営業)099-285-1734 FAX 285-1733

徳之島総局〒891-7101 鹿児島県大島郡徳之島町亀津栄新町7269番 TEL0997-82-1256 FAX 82-2712
沖永良部総局〒891-9112 鹿児島県大島郡和泊町和泊544-4 TEL0997-92-3645 FAX 92-3221
Eメールアドレス
本社 編集局 nankainn@po.synapse.ne.jp

    営業局 nankai@bronze.ocn.ne.jp

購読ご希望の場合は下記へ
hanbai@nankainn.com

このサイトに関するご意見・ご要望は下記へ
web@nankainn.com
このサイトは、InternetExplorer6.0以上でご覧になることをお勧めいたします。

この南海日日新聞社ウエブサイト内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

日本新聞協会   日本新聞博物館 NIE 全国郷土紙連合