初の民間フリースクール 奄美市

無料体験の利用を呼び掛ける「マイン」の林代表=27日、奄美市名瀬

 奄美市初の民間フリースクール「MINE(マイン)」が9月1日、同市名瀬伊津部勝にオープンする。週2回開所し、学校へ行けない、行くのがつらいと感じている子どもへ居場所を提供する。9月1、6、8日は利用希望者を対象に無料体験・相談会があり、運営者は来場を呼び掛けている。

 

 フリースクールはさまざまな背景を持つ子どもへ、小・中学校、高校の代わりに過ごす場所を提供する民間の教育機関。

 

 マインは古民家を改修し整備した。対象は小~中学生と通信制高校の生徒。①子どもが安心して自分と向き合い、元気になれる②自分の興味を大事にできる③自己選択、自己決定ができる│ことを重要視し、日中の過ごし方や通う頻度、などは利用者の子ども自身が決める。

 

 運営スタッフは不登校経験者や、子どもが学校へ行けないなどの悩みを持ったことのある親ら約10人。当面は毎週月・水の2回開所し、スタッフが2人以上常駐する。体験型イベントや他県のフリースクールとの交流などの単発プログラムなども計画している。

 

 林花穂代表(47)は「フリースクールは心と体を休め、自分を取り戻す場所。次の一歩を踏み出す前の足掛かりとなれるようサポートしたい」と語った。

 

 月謝登録制で、時間は午前9時から午後3時ごろまで。利用料は月13000~19000円。このほか、毎週土曜日は高校生らを対象に学習支援教室も実施する(平日の活動との併用可)。

 

 無料体験・相談会は9月1、6、8日の午前9時~午後3時。問い合わせは電話090(5287)6115林代表。