ハイイロゴケグモ、奄美市で発見

毒のあるハイイロゴケグモの雌と卵のう(徳之島で撮影)

毒のあるハイイロゴケグモの雌と卵のう(徳之島で撮影)

 奄美市笠利町の太陽が丘総合運動公園内で今月、特定外来生物に指定されている毒グモのハイイロゴケグモが見つかった。同市内では2001年に名瀬港と奄美空港で確認されて以来3例目。両港に続き複数の個体と卵のうが見つかっており、市側は「奄美に定着している恐れがある。見つけても素手で触らずに駆除し、周囲にも注意を呼び掛けてほしい」としている。